エピソード6

大学時代、駅から大学までバスが出ていました。多くの学生は無言で降りるか、会釈をする程度なのですが、友達のTちゃんは必ず「ありがとうございました」と運転手さんの方を向いてお礼を言って降りていました。
そんなTちゃんの影響もあって、それまで以上にしっかりと挨拶をするようになった私。そして、そんな私から生まれてきた息子は現在7歳。
小さな頃から、人と会えば必ず挨拶をする子供に育っています。親ばかですが、それは私がそうしていることを生まれたときから見ているから、彼にとっては当たり前なんだろうなと思います。
先日もあるお店へ行ったときのこと、いつの間にか息子の周りに3,4人のご婦人が集まっていて、その中心で息子がお店の方とお話していました。私が近づいて行くと「奥さん、出来た息子さんね!」「こんなに小さいのにしっかりしてる」と絶賛されました。「えぇ、私の息子ですから」なんて言いませんでしたが、とても嬉しく思いました。
個人商店などに行くときは、大体こんな調子で、私が品物を選んでいるほんの少しの間に、いつの間にか息子はお店の人と仲良く話しています。
挨拶をするから、その後の会話への移行もスムーズなのでしょうかね。そして7歳の純粋で素直な感情が、あっという間に人と打ち解けさせるのでしょうか。
我が子ながら、この愛嬌の良さというか、人と垣根を作らない感じ、とても見習いたくなります。
あるときは帰ってから、一日で巡ったお店で頂いたおまけが、こんなにたくさん!ということもありました。
挨拶って、人間関係にとってやっぱり基本的なことですよね。そこから始まるというか。そんな大切なことを教えてくれたTちゃんに感謝すると共に、私も実践して、息子にも引き継いで・・・自画自賛です。良い息子に育っています。ずっとこんな風であって欲しいと切に願ってやみません。

エピソード5

子供が年長さんの時から少しずつお手伝いをするようになりました。最初は包丁で野菜を切りたがりますが、こっちは手を着るのが心配で心配ででるだけ包丁を握らせないようにしていました。もう少しお兄さんになったらねと何か理由をつけてはまた今度にしてました。
小学生になったころ、学童で包丁で野菜をきることを学んだ子供が家で一人で野菜サラダを作っていました。家に帰宅した私は驚きました。初めて作ったサラダが人参、キュウリ、キャベツがザク切りされた上にコーンが乗っていたのです。私にと一生懸命作ったようでした。その気持ちが嬉しかったです。
それから色々子供なりに工夫をして、サラダを作っています。今ではゴロゴロサラダから、見栄えの良いサラダを作れるようになりました。
ある時は、私が仕事から帰るとお腹がすくと思ってうどんを作ってくれてました。うどんつゆは出汁と醤油のバランスが微妙で濃いつゆでしたが、美味しくいただきました。
味が濃いからもうしこし醤油は少なくていいよと教えたら、次に作った時はちょうどいい感じのうどんつゆができてました。うちの子供はよく何かを作りたがります。周りの一年生がどんな感じかわからなっかったので聞いてみたら、「うちはそんなことやらないよ」「一人留守番している上に、自分で料理なんてすごいよ。まだ一年生だよ。普通はやらないよー。」と言ってたのでうちの子はすごいんだなと思いました。
先日は、ラーメンを作ろうとしていました。これは流石にうまくできませんでしたが、何かを作ろうとするチャレンジ精神がすごいなと感じました。今二年生ですが、包丁を使うのが上手になり、野菜をゆでることができるようになりました。今ではうどんの具材も自分で工夫して作っています。

エピソード4

うちのじゃじゃ馬娘とのんびり息子を紹介します。

我が家には室内犬の小型犬が二匹います。
どちらも同種ですが8年前から一緒に暮らしている息子(ミニチュアダックスフント♂)は小型犬なのに年々巨大化していき今では顔だけミニチュアダックスで図体はまるでミニチュアではなくただのダックスフント……(おそらく父が一人晩酌をする際寂しさからかおやつを与え過ぎたのが要因であろう。汗)
丸太のような体つきを見たままの、まぁるい、ふさふさのベージュの毛がまた小さなゴールデンレトリーバーのような優し気な雰囲気を醸し出すとってもおっとりゆったりした性格の持ち主です。
彼は怒りという感情を持ち合わせていないのか、
私たち家族が何をしても、鬱陶しいと思われてしまうくらいわしゃわしゃと撫でまわしてもおふざけで咥えているおもちゃを奪っても、嫌な顔など一瞬も見せず
いつものようにはっはっと息を吐いているのもまるで微笑んでいるかのよう。

一方、、、
去年家族になったじゃじゃ馬娘。(ミニチュアダックスフント♀)現在一歳。
私が母とふら~とペットショップに寄ってしまったばっかりに出会ってしまった、、、
ショウケースの向こうにいる 小さくて同じ部屋に入れられていたプードルちゃんと一生懸命遊ぶ姿、真っ黒にクリーム色のマロまゆがキュート過ぎる姿に一目ぼれ、、、

しかしこのこのじゃじゃ馬娘に出会って衝動に連れて帰ってしまってから私たち家族(先住犬の息子含む)の生活は変わってしまった。

この娘ちゃん、家族がだーい好き!これはどのおうちのワンちゃんも一緒です。
問題は、、、家族が好きすぎること。自分が一番!構って構って!常に触って!と四六時中家族の誰かに催促をしています。
もう、掃除していようが寝ていようが人間の状態に構わず。汗
極めつけは先住犬であるおっとり息子にいじわるをして自分だけが構われる状況を作り出すのです。
例えば、
 部屋の出入り口をふさぎ家族のいる部屋に息子くんがはいれないようにする
 膝の上でお昼寝中の息子くんの顔も体もがしがしぴょんぴょんと踏み、どかして鎮座する
などなど、まるでずる賢い妹のよう!!!笑
優しいお兄ちゃんは何も言わずにされるがまま…
人間の兄弟でこんな光景を見たことがある気がします。

どちらも心底可愛くて大事な大事な家族です。

同種の犬でも毛色や性別が違うとこんなに性格がちがうなんて
犬とは本当に愛くるしい生き物です。

エピソード8

そんなに身体が弱い人とは思わないのですが、「具合が悪ーい」「頭が痛ーい」など体調不良をアピールする癖があります。誰も見ていないところでは、良く食べ、しっかり歩き、至って元気なのですが、家族の姿を見ると「ここが痛い」「こっちが、おかしい」と言い始めるのです。言う方は言う事でスッキリするのでしょうが、朝っぱらの6時、起きた瞬間から「具合が悪い」と言ってこられたら気が滅入ります。何日も睡眠不足が続き、私自身も本当に疲れていて、2時間の睡眠を取って、また仕事に出る直前、リビングにいた姑が「なんか、体調が良くない」と訴えてきた事は、流石に切れました。「そんなに具合が悪いなら入院してよ!」と、思わず叫び声をあげてしまったのです。すると、体調が悪かったはずの姑が急変。「あなた!」と、とても体調不良とは思えない大声を腹の底から出して「なんで、あなたには優しさって物がないの!」と私の声に輪をかけた大声で、どなり始めました。「毎日、毎日、具合が悪いと家族に訴えても家族には治せませんよ。病院に行くしかないじゃないですか」と応戦すると、いきなり電話をかけ始めました。病院かな?と思いきや、離れて暮らす実の娘だったのです。先刻のドズの聞いた声とは全く別人の声音で、「〇○ちゃん。お母さん…殺される…」等と言い始めるのです。私は、事の成り行きを伝えようと「ちょっと、お義母さん。変わって下さい」と受話器を取ろうとしますが、老人とは思えない力で、殆ど突き飛ばされるに近い状態で身体を押された時、一緒に暮らして始めて殺意を感じました。結局、実娘にも私が悪者になっています。先に大声を上げたのは私の方なので仕方ないかと思いますが、それ以降、姑の体調不良アピールは聞こえていないふりをしています。

エピソード7

そういうことを初めて言われたときはびっくりしました。
夫の実家に行った時、「随分肌が見える服装ね」と言われたのです。
一体何のことかとまったく意味が分かりませんでした。
その時に着ていたのは、ごく普通のラウンドネックの七部袖カットソー。
特にデザイン性のあるお洒落なものでもないし、首元の開きも大きくない、むしろ小さめです。
別の日には、靴やバックなどに関して訳の分からない難癖めいたことを言ってきました。
とにかく、私の身につけているものや持ち物に対して異常に興味を示します。
どこで、いくらで買った、派手だ、お洒落好きだねなど、まあうるさい。
ブランド物でもなければ、高いものでもない、普通のものなんですけどね。
夫に買ってもらった、といった日には延々とイヤミの嵐です。
私はお洒落なんてしたことがない、いいご身分だ、とそんなこと言われてもね。
知りませんよ、お洒落したければ勝手にしてください、と言いたいのを必死でこらえ笑顔を作っています。
そのうち、髪型に関しても言うようになりました。
長いのは邪魔じゃないのか(肩より短いです)、美容院代にいくらかけているのか、など。
適当に答えていますが、しつこすぎです。
最後には必ず、「いいよね、今の人は自由にできて」
いや、だからご自分も自由になさればよろしいのではと思うのですが。
一度、やんわりとそのようなことを言ったら、今更できないと大激怒。
ああもう本当、面倒ですね。
一緒に洋服を買いに言ったことがあるのですが、勧める服全てが気に入らないと言います。
かといって、自分では選べないのです。
「私、センスないから」だそうですが、はい、もちろん分かってますよ。
だからこうしてあれこれ見繕って差し上げているんだから、早く決めて。

エピソード3

うちの猫は、ラブと言います。漢字では、愛と書き、名字と合わせて画数が良いように飼い主が名付けました。茶トラのオス猫で、4歳7か月です。小さい時に知り合いの方に頂いたので、家族に懐く、ジェントルマンに育ちました。家に誰かが来て犬が鳴くと、必ず俺が行って来るからお前はここでいろよと飼い主を庇ってくれます。窓からチラリと来客を覗き、睨み付けながら怪しい他人でないかとチェックしてくれるのです。ドアホンや監視カメラもあるのですが、長く柔らかい脚で私の足を止めるように先に立って行動してくれるのでありがたいです。親バカですが、流石私が育てただけある男らしい男の子に成長しているのだと思いました。人間の男性よりも余程、男らしく、レディファーストまでできます。自分のテリトリーに私が横になっても譲って、その近くで丸くなっていたり、お腹の上に乗って腹部を温めてくれるので、無くてはならない存在です。体重もおおらかで太りやすいとされる茶トラの割には軽く、5kg
しかありません。以前は更に痩せていて、心配になったので乳酸菌粉末を買って太らせました。粘り強く、食べる事が大好きで、何処に餌を隠しても口に入れてしまいます。食べ物にも拘りが強く、欲しい物は何時間掛かっても手に入れるタイプなので、私がご飯を作っている時は私の椅子に座って控えめに健気さをアピールするあざとさがあり、これ以上あげてはダメだと思う飼い主の頭を抱えさせる名人です。ラブを飼うようになって猫にも顔の良し悪しがある事に気付かされたのですが、万人受けする美形なので料理ができるまで待ってくれた上に一声掛けられると弱いです。ラブ自身も自分の可愛さを理解しているような動きが多いです。面食いの方の気持ちがわかる程、綺麗な顔をしているのでどの角度から見ても可愛いと思えます。鼻と口はピンクで、アップで見る目は信じられないくらい大きいです。私も目が大きい方ですが、ヴィジュアル系バンドの超美形ヴォーカルの目を更に美しくしたような外見なので、顔を見るだけでも幸せになり、ついつい甘やかしてしまう事が多いです。ラブの唯一の短所は、好きな食べ物が無いと不機嫌になる所なのですが、それも可愛いので通販で頼んででも好物を持って来てもらいます。アイドルのファンのような気持ちで、私の性格を変えてくれる愛すべきペットです。ラブが死んだら生きていけません。

エピソード2

私の弟が小学校中学年のころの話です。我が家はお正月になると祖父母の家に集まり、他の親戚たちと過ごすのが通例でした。毎年、30人以上も祖父母から、伯父・伯母その子供たちが全員集合します。もらうお年玉も結構な額が集まりますから、特に小中学生の男の子たちは一人数万円の札を握りしめて近くの駄菓子屋やおもちゃ屋(なぜか1月1日にはかならず開店しています)に直行します。今までは、プラモデルやミニカーなどを数点購入するくらいで、満足していました。が、その年はかなり、テンションがあがっていたのでしょう。遠方の規模の大きなお店まで遠征したようです。昼頃、祖父母宅を飛び出していき、帰ってきたのは午後7時頃でした。大人たちが心配になり、探しにいこうかと話し合っていたところにひょっこり彼らはあらわれました。全員両手にサンタクロースが担いでいるような大きな袋を持っています。中を見るとプラスチックの透明の楕円形のケースに入ったキーホルダーのようなものやミニフィギュアのようなものがぎっしりと詰まっています。そのころ流行っていたゲームのキャラクターを模したものなのでしょう。親たちはびっくり仰天して、子供たちにお年玉はどうしたのかと聞きます。きまり悪そうな顔をして、うつむいています。母は弟の財布をひったくり中を確かめていました。1000円札が1枚入っているだけでした。他の子供も同様です。母も伯母たちも騒然となり、子供たちとそのデカい袋を持って、件の店に向かいました。その店に着くや、また驚かされます。その店に置かれていた10台近くのガチャガチャがすべてが、すっからかんになっていました。弟たちがお年玉を全部つぎ込んだようです。店主のおばさんもニヤニヤしていました。当然、ほとんどを返品させてもらいました。母や伯母たちはなぜ、途中で止めてくれなかったのかと抗議していました。店主もさすがにすまなそうな顔をして、黙って返品に応じてくれました。子供たちの話では狙っていた大物をなかなか出すことができずこのような結果になったのだということでした。

エピソード1

これは私が20代の時の話しです。当時は離婚して2人の子供を1人で育てていて(バツママ)長男が小学校3年生くらいの時なんですが
その日は小学校の授業参観で教室ではなく、プレイルームみたいな場所でスクリーンを通して喫煙すると体に悪いというような内容の授業をする予定でした。
時間になり、下の娘がまだ3歳だった為、一緒に連れていき
プレイルームに椅子が並べられてあったので入ってきた順番に座っていってたので私もそれに従って座っていって場所からいうとだいたい真ん中よりのとこに座ることになりました。
他のクラスも一緒に見るという事だったので椅子の数もあるし
娘もまだ小さかったので膝に座らす形で一緒に座ってました。
先生が色々話しした後で、部屋の電気を暗くし
スクリーンでタバコについての映像、音声などが流れてきました。ずっと見ていたんですが、途中でタバコを吸ってる人(喫煙者)と吸ってない人(非喫煙者)の肺を比べる写真が出てきたんですが非喫煙者のキレイな肺の時は何もなかったんですが
喫煙者の黒くなった肺が映し出された時に
シーンと静まりかえった中で突然、娘が
「ママ。あれ美味しそうやなぁ」と言ったんです。
周りの親からは小さくクスクスと笑う声が。
顔から火が出るってよく言いますが私はあの時
まさにその状態ですごく恥ずかしかったです。
まぁ娘から見ればあれが鶏肉に見えたのかもしれませんが笑
その時は「あれはね、食べ物じゃないんだよ」と
説明しましたがそのエピソードがあってから
今では娘も18歳。たまにその話をすると
「うそーっ!そんな恥ずかしい事言ったん?」と
言ってますが子どもって正直やから思った事口にしますしね。
今ではその話も私達にとってはいい思い出です。